格安SIMを使う際の注意点

注意点

格安SIMを利用すれば、基本的には毎月のスマホ使用量は格段に安くなります。
しかし、これは必ず誰しもがそうというわけではない罠があるんですね。
実は、スマホの使用の仕方によっては高くなってしまう場合もありますので注意が必要です。

■通話をよく使う人は注意

格安SIMのデータ通信量の安さは、主にデータ通信の方に重きが置かれているんですね。
その分、通話料金に関してはキャリアでのプランでよくある月々の無料通話だったり定額通話料金設定という物がないんですね。
なので、毎月かなりの量の通話を必要としていて定額料金にしていないととんでもない額になってしまう、という人は格安SIMに切り替えると毎月にかかる料金が高くなってしまうケースがありますので要注意ですね。

■通話品質も格安SIMは落ちる

料金などもそうなのですが、実は通話回線においても格安SIMはどうしても品質が落ちてしまうという弱点を持っているのが格安SIMの特徴と言えます。
どうしても、通話品質が落ちてしまうため回線の安定度合いも低くなってしまうため混雑するような時間だと通話が聞こえにくくなってしまうなこともあります。
このあたりは、格安SIMの性能にも左右されてしまうので確実なことは言えませんが、可能性があるということは頭の片隅に置いておきましょう。

■サポートなどにも要注意

要注意

格安SIMを利用する場合は、当然ながらキャリア側からのサポートなども受ける事が出来なくなってしまうので気をつけましょう。
スマホが不調の時だったり、回線の不調だったりする時などのサポートや料金案内などのサポートがどうしても格安SIMは充実していませんので、そういったフォローアップなどが必要な場合も注意しましょう。

格安SIMを使ってみよう

昨今、注目を浴びている格安SIMはスマホをより安く利用するための秘密アイテムのような物ですね。
毎月の使用料金を節約する事が出来る、という事で非常に便利で注目を受けているのですが、どのような詳細なのかを解説しましょう。

■格安SIMで使用料金を一気に抑える

大体、スマホを利用しているとキャリアや利用状況にもよるのですが毎月7000円から10000円くらいかかるというのが普通だと思います。
家族割などの割引を利用していても、やはりそれほど安くはならないのですが格安SIMを使うことによって何と毎月1000円近くまで使用料金を節約する事が出来るんです。
格安SIMとは、それほどまでに使用料金が変わるのかと驚くかもしれませんが世間的にはまだまだ認知度はそこまで高くはないんですね。
今回はそんな格安SIMについてを詳しくお教えします。

■格安SIMの使用は難しくない

難しくない

そこまで安くなると考えると、面倒な設定や手続きや作業が必要なんじゃないかと思うかもしれませんがそんなことはありません。
格安SIMは最初のやり方さえ知って入れば通常のキャリアのSIMカードとそこまで変わらないような通信環境でスマートフォンを使う事が出来るんですね。
料金はガクンと下がる、でも不便になるというわけではないでうsから格安SIMカードは非常に画期的なアイテムだと言えるでしょう。

■格安SIMを使ってみる

こういった格安SIMは、MVNO呼ばれるような業者が提供しているのでそこで利用する形になりますね。
普通の携帯電話を提供するキャリア会社のように、契約時などはある程度サポートを受ける事もできるので、まだ良くわからないという人であっても割りとすんなり使う事ができます。